白川にホタル

今年もホタルの時期がきましたな、と

先日の仕事終わり、暗くなる20時頃

白川沿いをぐるぅりと散歩がてら見に行きましたら。

 

いました。ホタル。

 

 

このえらくでっかい写真の真ん中でポツンと光っているのが

ホタルです。

ホタルの写真は難しい💦

よほど腰を据えてシャッターチャンスをものにしない限り

このようなので精いっぱいです(^^ゞ

そして実物もなかなか見つけられません。

ですが見つけられたなら、なぜかずーっと見ていられるほど和みます。

 

三条通りを挟んで南側の白川沿いは

足元が危なくないように照らされている街灯(足元灯?)のため

幾分見えにくいですが、景色自体も風情があるので散歩がてらにおススメです。

 

 

北側はほぼ真っ暗なので、ホタルを見るのには

コチラがおススメ。(真っ暗すぎて写真が撮れませんでした📷)

でも、虫除けスプレーで蚊対策して行かれた方が良いかも。

 

見られる時期が限られますので(多分6月初旬頃まで)、

コロナ対策万全の上、初夏の風情を楽しまれるのも良いですよ(*´ω`)


「岡崎さくら・わかば回廊十石船巡り」始まりました

新型コロナウィルスの影響、

まだまだ大きいですね。

ほとんどのイベントが中止・延期されていますが、

そんな中、毎年恒例の

「岡崎さくら・わかば回廊十石舟巡り🌸」

本日より始まりました。

開催悩まれたのかな。

「十石船の告知ありませんね」とお客様方との話から

サイトを調べてみましたら、ひそかに始まっておりました。

ただ開催期間は例年よりかなり短くなっております。

簡単なご案内をば。

 

【岡崎さくら・わかば回廊十石船巡り】

・期間…3月24日(火)〜4月8日(水)

・運航時間約25分

  南禅寺舟溜まり乗船場〜夷側ダム往復

・料金…大人(中学生以上)1200円、小学生600円、幼児(3歳以上)300円

ポンプ式消毒液の設置など、対策万全で営業されるとのこと。

※詳細は「京都府旅行業協同組合」サイトの「岡崎十石舟巡り情報」をご参照ください。

 

今年は早くから気温が高かったせいで、桜もすでに咲いてきています。

お出かけされるのは抵抗がある方も多いかもしれませんが、

せっかくの春到来の桜便り🌸。近場で気を付けつつ楽しまれるのも

良いのでは。

引きこもっておりますと、気持ちも欝々となったりしますしね。

時間が合えば十石舟、乗ってみようかな(*'ω'*)

 


粟田神社の「出世えびす祭」

新年が明けましてから明日でもう10日。

ひやぁ〜💦

時間の経つのが早くて、思わず叫んでしまいます(^^;)

 

1月の10日といえば、今年最初のビッグイベント

❝えべっさん❞のお祭。

「出世えびす」さんがおられる粟田神社さんでも

本日より執り行われております。

 

  粟田神社

   『出世えびす祭』

 

 

期 間:1月9日(木)〜11日(土)  9時〜17時

     1月10日(金) 15時から神事が執り行われます。

     甘酒の無料接待あり。

 

御神像が一般公開されますので、お近くにお越しの方は

出世えびす様の豪快な笑顔を拝みに行かれてみては。

新春からええ運気がいただけるやもしれませんよ👌

 


岡崎ときあかり2019

早く終われた昨日。

足りないものの補充買い出しへ

いつもと違うスーパーを目指して

岡崎方面へどんどん歩いておりましたら

「ん?」

何やら大音量ミュージックが。

「誰かのコンサート‽!」と少し足を速めて近づいてみると

囲いが取り払われた美術館にプロジェクションマッピングが

投影されていました‼

 

 

これは(゚д゚)!

 

『岡崎ときあかり2019』!

 

いつもは9月の連休に開催されるはず!

そう言えば今年は9月にされなかったので、

あんまり台風に見舞われるので様子見されるのかと思っておりました。

近くなのに情報が入らなさ過ぎていることを反省(;'∀')

改修されて素晴らしくなった美術館と共に見ることができて

「いつもと違うところに買い出しに向かって良かった〜(*´▽`*)」と

ホントに思いました。

 

ライトアップされた大鳥居

 

 

より赤く浮かび上がって見えます。

 

キチンと見に行かれたお客様に伺ったところ

「開催日程は新しくなった美術館のプレお披露目に合わせたのでは。

プロジェクションマッピングの作品数も多かったし。」

とおっしゃってました。なるほど。

 

昨日に続き、本日11月17日(日)も行われます(18:00から点灯セレモニー)。

見る場所もできていてより見やすくなっていますので、

本日、岡崎周辺にお越しの方、おススメいたします👌

 


いよいよ「粟田祭」(∩´∀`)∩ ですが…

明日10月12日〜10月15日まで「粟田祭」でございます!

前回ご案内しましてから、あっという間でした('ω')ノ

 

本来は

 

 

という日程で進行されるのですが。

大型の台風がやってきている関係で

12日神賑行事中止となりました(:_;)

 

 

毎年、石見神楽や夜店などを楽しみにされておられる方、残念です(;´・ω・)

神様を御神輿にお移しする出御祭(おいでまつり)は翌朝に延期です。

その他は今のところ(10月11日現在)変更なく行われるとのこと。

行事日程は次のようになります。

 

10月13日(日)

 【出御祭・夜渡神事】

  10時〜   出御祭

  16時45分〜 お迎え行列

  17時30分〜 本殿出発祭

  18時〜   夜渡神事斎行

  18時30分〜 れいけん祭

 

10月14日(月・祝)

 【神幸祭】

  11時45分〜 神幸祭斎行

  12時20分〜 先の行列(剣鉾)出発

  12時30分〜 子供神輿出発

  12時50分〜 神輿出発

  18時頃   還幸祭斎行

 

10月15日(火)

 【例大祭】

  10時〜12時 抹茶の接待

  11時〜   例大祭

         御本殿にて大祭斎行

         庖勝一條流 式庖丁奉納

 

神輿・剣鉾が練り歩く「神幸祭」はもちろん、

大燈呂や大松明が行列する「夜渡神事」、

知恩院さんとの神仏共同の「れいけん祭」や

式庖丁奉納など、見どころ満載の粟田祭‼

今後の台風の状況が心配ですが、無事に行われることを願いつつ。

お近くにお越しの方はぜひ、ご覧になっていただきたいと思います(*^^*)

 

参考までに以前の写真など。

 

【夜渡神事】の大燈呂

 

 

 

【神幸祭】の剣鉾と神輿

 

 

 

 

 

 


「唯心ママさん」の最初で最後の個展

当店のある町内はギャラリーさんがたくさんあり

「ぎゃらりーあーとぺーじ唯心」さんもその中の1軒です

  ※)当店周辺の地域は町(ちょう)の真ん中を三条通りが突っ切っております。

    ですので三条通りを挟んで向かいも同じ町内のところ多数なのです。

きさくなオーナーさん(ママさん)で、伺うといつも楽しく出迎えてくださり

ついつい必要以上にいっぱいおしゃべりをしてしまうステキな場所でしたが。

さびしいことに現在開催中の展覧会をもって「唯心さん」としての幕をおろされるとのこと。

その最後の展覧会はなんと、オーナーさんの作品。

 

昨日の定休日に伺ってじっくりと見せていただきました。

 

 

写真はいただいたおハガキ。

写真の多重露光による作品です。

よく見ると身近な題材、ですがとても幻想的。

どの作品も多重具合が面白くステキでした。

 

 

6月2日(日)まで開催されてますので、お近くにお越しになられたら

ぜひ、立ち寄られてみてください。

 

 


元 白川小学校「お別れの会」

当店裏の元 白川小学校。

廃校になってからこちら、ずいぶんと経つのですが

ホテル建設に伴う取り壊しがとうとう具体的になったようで。

3月21日(木・祝)に「お別れの会」が開かれることになりました。

 

 

ポスティングされていたチラシの画像で少し見にくいですが

どなたでも参加できるとのことですので

元白川小学校の姿を心にとどめておきたい方

お別れを言いたい方…

どうぞお越しになってください。


これはなんでしょう

この前、かなり❝パラダイス度❞が高かった『和雑貨 花みずき』さん。

その後どうなられたかと、本日所要帰りに立ち寄らせていただきましたら。

兜とか刀とか九谷焼の獅子とか、結構売れてしまっていて

「倉庫みたいやろ(^^;)」とおっしゃってた店内がかなりスッキリ。

普通のお店のように戻っておりました(←残念そうに言ってますが、これが通常なのです。)

でも

「そうや、これ知ってる?」と見せていただいたレアものが

ワタクシにとって超懐かしいものでありましたので

写メを撮らせていただきました📷

 

さて皆さまにクイズです。コレはなんでしょう。

 

 

 

ヒントいってみましょうか。

,録卓で使うもの。

△蕨尊曚濃箸Δ發痢   ,任后

今はほぼ見ることが無いかもしれませんので難しいかな(^^ゞ;

 

 

 

 

 

正解は

 

ヽ鐇畉錣蟯

 かたまりのままの鰹節を削って、見慣れた削り節にしていただくための器具です。

 今でいうスライサーにちょっと似ています。

 

△け台

 和裁で布を❝くける❞時に使う台。

 下の長い部分をお座布団の下などに敷いて座って安定させ、

 金属の洗濯ばさみのような❝ひっぱり器❞で布を引っ張りながらくけ縫い作業をします。

 丸い部分は針山です。

 

もしかして、このように書いても実物ホンマに見られないでしょうから

ピンと来られない方も多いかもですね。

ワタクシの小さいころ、この2つは家に有り。

鰹節削り器(うちでは❝カツオかき❞と呼んでいました)は

冷奴だ雑煮だ…などという鰹節のいるメニューの際には

祖父がいそい出してきてしゃかしゃか削っていました。

コツがいるらしくて触らせてはもらえず。というか小さかったので危ないと思っていたのかもしれません。

それでも下の引き出しに削れた鰹節が貯まるのを見るのが面白くて

いつも見ていた記憶があります。

くけ台は、着物を縫う仕事をしていた祖母が持っており

折りたたみ式なので「シャーキーン」と出してきては

ひっぱり器でちょいとはさんで縫っていたのを覚えております。

祖母の物はこのような塗ではなく普通の木製。

糸などを入れる小さい引き出しも付いていて、多分それは今ワタクシの手元にあるアレだと思います。

 

ウチに合ったものも多分もう、始末されているはず。

考えたら残念です。

今回、あまりの懐かしさに見たとたんテンションめちゃ上がり⤴しましたが

懐かしくなくても結構なレア物の2品だなと思います。

鰹節削らないのに欲しくなるいきおい(^^;)

昔の物は本当に合理的に良くできておりますよね。

 


「パラダイス花みずき」

当ブログにたびたび登場される、ご近所の『和雑貨 花みずき』さん。

アンティークのお着物や和雑貨を扱ってらっしゃるお店ですが

たまにお着物の仕入れと共にどわっといろんな置物などがやってくることがあります。

それはハンパ無く、思わず二度見してしまうようなスゴイ品物が多く。

見に伺う度にテンションが上がります(^^♪

そういう時、ワタクシは『和雑貨 花みずき』さんを

勝手に「パラダイス花みずき」と呼んでおります(^_-)-☆

 

さて先日。

「ちょっと倒れそうやわ(^^;)」と花みずきさん。

「どうしはったんですか?」

「いろいろたくさんのモノがいっぺんに来て整理が大変やねん。刀とか。」

「刀?!」

「レプリカやけど、好きな方が収集されてたものやから、結構見た目本格的な。」

百聞は一見に如かずなので、見に伺いましたところ。

ありました❢

本格的なしつらえの刀がたくさん❢

そして何やらスゴイ物たちもたくさん❢

いつもはこじんまりされながらも整然としている店内が

花みずきさんご本人曰く「倉庫のよう」。

何でも、お引っ越しなどで着物・置物などを持ち込まれた方が重なったのだとか。

パラダイス好みのワタクシとしては、血沸き肉躍る状態でありますが(∩´∀`)∩♪🎶

 

刀は白鞘から袋に入っているものまで。しっかり重いです。

 

 

あと、「おおおおおーっ(;゚Д゚)」とうなりつつ写真を撮らせていただいたのが次の品々。

 

九谷焼の獅子。右側が小さめです。

 

 

かぶって今にも出陣できそうな兜。

 

 

 

端午の節句用でしょうか。こちらもずっしり重厚です。

 

楽器2品。撮り方が超へたくそですが(^^;)なんと二胡❢

 

 

一回で撮り切れなかったので2分割しております。

そしてウクレレ。

 

 

どちらも実際に習われていた方がお使いだった品。

 

「深川製磁」の壺と珍しいお多福人形。

 

 

素人目で見てもエエもんやとわかるものが盛りだくさんです。

ワタクシが伺った時はまだ品々がやってきたところだったようで

お値段が付けられておりませんでしたが、もうそろそろ設定されているかと思います。

いつも「なんで?(@_@)」と思うぐらい破格にておかれていることが多いので

ご興味持たれた方、一度覗いてみられてはと思います。

欲しかったものがお値打ちで入手できたり、もしかしたら他にも掘り出し物が見つかるかもしれません👌

ワタクシはこのパラダイスっぷりに、毎度お声をかけていただくと楽しみに伺うのですが。

なんかシリーズ化してしまいそうな予感でございます( *´艸`)

 


粟田祭でした。

10月15日。

本日、粟田祭の例大祭が執り行われました。

当店地域の氏神様・粟田神社のお祭りは例大祭をもって

完了でございます。

神社本来の御祭礼である例大祭は毎年同じ日に決まっているため、

営業時間中にかかるワタクシはいまだ見に行けたことはございません。

今年は珍しい「式庖丁」の奉納などもあったようで

一度は見に行きたいなと思っている次第。

「式庖丁」の奉納、とても興味があるので、

どなたかご覧になった方、様子を教えていただけたらうれしいですね(*'ω'*)

 

粟田祭は4日間有り、おおむね次のような次第となっています。

初 日…神賑行事・出御祭(おいでまつり)

     神輿に本殿より御分霊をお移しして祭の開始をご報告する神事。

     石見神楽の奉納や夜店などが出ます。

2日目…夜渡神事(よわたりしんじ)

     夜祭。

     れいけん祭(知恩院さんとの神仏合同祭典)。     

     大燈呂や剣鉾、大松明などの巡行。

3日目…神幸祭

     神輿渡御、剣鉾巡行

最終日…例大祭

     毎年10月15日。

     神社本来の御祭礼。

 

営業中でもなんとか見ることができるのは

2日目の夜渡神事と3日目の神幸祭です。

どちらも神輿や剣鉾、大燈呂などの巡行は迫力あって

それだけでも満足できるのですが。

やはり一度は珍しい神仏合同の祭典「れいけん祭」や

神輿に御分霊を移す「出御祭」も見てみたい!!

ま、これは当店の営業時間の問題でありますので自分で解決するほかございませんが(^^;)

皆さま、粟田祭を見にお越しの際はぜひぜひ、全日通してご覧になってみて下さい。

 

さて最後に。

今年撮れました写真をば、いくつかご披露を。

 

コチラは夜渡神事。

 

 

大燈呂、すごい迫力!

 

 

子供達の行列と大松明。あんまり長いので、ちょっと見切れました(^^;)

 

 

コチラは神幸祭。

 

 

剣鉾を鳴らされる時はこんなにしなります。

 

 

粟田神社の宮司さんでしょう。

 

三条神宮道の交差点にて、最後の辻回し。

剣鉾は全部立てて巡行されています。

 

 

 

 

揺さぶりが激しいのでぶれていますね📷

 

台風とかち合うような予報が出ていてどうなるかと思っておりましたが、

全日快晴☀、素晴らしい祭日和でした(*´▽`*)

 

鬼に笑われるでしょうが、来年も良いお祭り日和でありますようにと

今から願っております。

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • いよいよ「粟田祭」(∩´∀`)∩ ですが…
    たり
  • いよいよ「粟田祭」(∩´∀`)∩ ですが…
    キヌタ
  • サヨナラ、サクラ。
    たり
  • サヨナラ、サクラ。
    キヌタ
  • これはなんでしょう
    たり
  • これはなんでしょう
    キヌタ
  • 送り団子
    たり
  • 送り団子
    キヌタ
  • 「激暑」お見舞い申し上げます
    たり
  • 「激暑」お見舞い申し上げます
    キヌタ

links

profile

書いた記事数:1775 最後に更新した日:2020/07/11

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM