つまづかないように、歩く。

こんにちは。 たり です。

今年の春は雨が多いですね
あっという間に満開になった「桜、見頃やなぁ」なんて思っていましたら、
連日の雨と、意外にも強い風のため
またまた、あっと言う間に葉桜になりつつあります
惜しい。実に、惜しい
当店のご近所は、まだ3分ばかりは残っておりますが
皆さま心残りの無いように、今の少しの晴れ間には
ぜひ、桜見にお出かけ下さい。

ところで。
桜の話のすぐ後ではありますが
気がつけば、目の前にはゴールデンウィークがちらちらしてくるようになりました。
桜が終わると新緑の季節
ウォーキングにも最適ですね。
気持ちの良い季節を気持ち良く歩く準備を、ちょっぴりしませんか。

歩く時に何もないところでつまづく。
その少しのネックを解消するためのエクササイズをご紹介。

【つまづかないためのエクササイズ】
 .肇ァ璽譽ぅ(爪先上げ運動)
 ▲辧璽襯譽ぅ(かかと上げ運動)


.肇ァ璽譽ぅ此,蓮∽の筋肉を強化して爪先(足先)を上がりやすくする運動。

▲辧璽襯譽ぅ は、ふくらはぎを鍛え、蹴り出しをしっかりできるようにする運動です。

むくみ解消にも効果があります。


やり方は次のとおり。


〈トゥーレイズ〉
’惷擇鮨ばしてもたれずに姿勢良く座る。
  手は太腿の上に置く。

△かとをつけたまま、息を吐きながらゆっくり爪先を上げる。
  そのまま5秒キープする。
  

Bを吸いながらゆっくり下ろす。
  10回から始めて、20回ぐらいまでを目安に行う。


〈ヒールレイズ〉
’惷擇鮨ばして立ち、足を肩幅くらいに広げる。

息を吐きながらゆっくりかかとを上げる
  5秒静止したら、息を吸いながらゆっくり下ろす

10回から始めて、20回を目安に行う。
膝が曲がっていると効果が少ないので、膝を伸ばして行う

この2つのエクササイズは、気がついた時にどこでもできるスグレモノです。

仕事の休憩時間に、電車やバスを待つ間に…、試してみて下さい。

ちなみにワタクシは、お風呂のお湯を入れる間に

以前にご紹介しました『腰養生エクササイズ』と一緒にやっております。

時々サボってはおりますが

長〜い目で見て続けることが大事なのよ、と言い訳しつつ


あと、歩く時につまづかないための一工夫。
「かかとから着地するように」とよく言われますが

「出した足の爪先を空に向けるよう意識する」方が、

よりつまづきにくいように思います

ちょっとした観点の違いですが。よかったらお試しください。


腰にネガイを 〜腰養生エクササイズをやってみようΑ

こんにちは。 たり です。

おススメの“腰養生エクササイズ”5種類は前回までで終了いたしましたが、
最後にストレッチ的な “ゆる〜い腰伸ばし”をご紹介したいと思います。
これは何も難しいものではありません。
ただただ、ただただ、脱力するだけです。

〈終わりのゆる〜い腰伸ばし〉
‐し足を開いて立ち、息を吐きながら
  おじぎをするようにゆっくり上半身を倒していく。
  床に手がつかなくても良い。

  この時、膝は曲げないで。


倒しきったところで、上半身全体を脱力。
  ゆっくり呼吸しながら約10秒。

その後、息を吸いながらゆっくり戻す。

上半身脱力中はこんな感じ

上半身の重みだけで、かなり腰が伸びます。
10秒がキツイようなら、できる範囲のお時間で。
ゆっくり行うのがコツです。

さてさて。『腰養生』と題してお送りしましたエクササイズ。
実は「おなかが凹む」といううたい文句に釣られて購入した
インナーマッスルを鍛えるトレーニングの書籍を参考にしたものです。
ワタクシ、おなかへの影響はまだございませんが
腰はかなり快調で重だるくなることが皆無になりました
合う合わないはあると思いますが、個人的な成果をもっておススメします。
すべてを行うのが難しい場合は、
/緤紳踏み
▲哀奪疋癲璽縫鵐亜Ε┘ササイズ
の2つだけでも良いかと。
特に“水平足踏み”は、カンタンなのに効果が高いと定評がありますよ。

ただし、太腿を床と水平になるまできちんと上げて行うのが大事です。

ワタクシも“腰養生”に加え、今度は“おなかが凹む”効果を期待しながら
これからも続けてみたいと思います。


腰にネガイを 〜腰養生エクササイズをやってみようァ

こんばんは。 たり です。

さてさて。腰養生エクササイズも残るところ1つとなりました。
今回ご紹介の ゥ法次Ε肇ァ次Ε船Д好函壁┐龍惨鵑察法,
一番エクササイズらしい運動で、一番ハードかもしれません
ですが、姿勢を維持する腰のインナーマッスル・腸腰筋や腹筋全般、
太腿の前の筋肉が一度に鍛えられるので、無理せず出来る方は頑張ってみて下さい

〈ニー・トゥーチェスト/膝の胸寄せ〉
‐欧忘造蝓⇔昭蠅鬚尻の後方に置く。
  足を伸ばし、膝は少し曲げる。


息を強く吐きながら、両膝を胸に着くぐらいまで引きつける。


息を吸いながら、足を伸ばす。

10回から始めて、最高20回を目標に行う。

足を引きつける時に使われる腰のインナーマッスル(腸腰筋)が鍛えられると、
足をしっかり踏み出せるようになるので転びにくくなったり、
姿勢が良くなる効果も期待できます


腰にネガイを 〜腰養生エクササイズをやってみようぁ

こんばんは。 たり です。

さてさて。腰・背中、腹筋ときまして、今回はお尻です。
今回ご紹介の ぅ劵奪廛螢侫函,蓮△尻と太腿の裏側を鍛えるエクササイズ。
皆さま、腰とは骨盤から上の事だけじゃございません。
いろんな説がありますが、肩甲骨下からお尻の上部ぐらいまで定義されていたりします。
お尻から太腿裏までを網羅することで、さらに腰養生でございます。

〈ヒップリフト〉
ゞ銚けに寝ててはまっすぐ床につける。
  両膝は立てる。


⇔昭蠅蚤里鮖戮┐襪茲Δ砲靴董息を吐きながらゆっくりお尻を持ち上げる


「もう持ち上げられない」と言うところまできたら、
  息を吸いながらゆっくりお尻を下ろしていって元の位置まで戻す。


10回行います。

お尻を引き締める効果も期待できますよ


腰にネガイを 〜腰養生エクササイズをやってみよう〜

こんにちは。 たり です。

前回の グッドモーニング・エクササイズ は、ちょっとハードでしたか?
腰だけでなく背面全体が鍛えられるので、ワタクシ的にはおススメです
無理の無いよう、できる回数と角度から始められると良いかと思います。

ではでは。今回は トランク・カール をご紹介。
このトランク・カール、実は腹筋全般を鍛えるものです。
腹筋なのになぜに腰養生かと申しますと、
先にご紹介しました ▲哀奪疋癲璽縫鵐亜Ε┘ササイズ で鍛えている
背筋と相対するものとしてバランスをとるため。
また、背中とお腹両方の筋肉を鍛えることで、
腰まわりをしっかりと支えられるようにするためです。

〈トランクカール〉
ゞ銚けに寝て、両手を胸前で交差させる。
  膝は曲げる。


△へそを見るようにして、上半身を丸めるようにしながら起こしていく。
  上半身は起こしきらずに、おへそが見えるぐらいまで起こせればよい。
  この時強く息を吐く


ゆっくり元の状態に戻す。
  この時大きく息を吸う。

10回から始めて、最高20回を目安に行う。

※足を固定すると腰痛の原因になるので、足をおさえてもらうことは避ける。

体を起こしきる腹筋運動よりやりやすいと思います。
首から丸めて上げるので、首の筋肉も鍛えられるかと。
余談ですが、首の筋肉を鍛えておくと、後ろ向けに転んだ時に
頭を打つ確率が少なくなって安全です


腰にネガイを 〜腰養生エクササイズをやってみよう◆

こんばんは。 たり です。

前回ご紹介しました 水平足踏み、やってみられましたでしょうか。
たかが足踏み、と侮るなかれ。
「ゆっくり」「太腿と床が平行に」「そのまま1秒キープ」などをキチンと行うと、
かなり効きます。腰と腹と太腿に。
ワタクシ、いまだ50回以上のチャレンジならずです
でも、器具もいらずどこでも手軽にできますので、ぜひどうぞお試しください

そして今回2回目のご紹介は ▲哀奪疋癲璽縫鵐亜Ε┘ササイズ です。
「聞きなれないなぁ」と思われる方も多いでしょう。
ワタクシもこのエクササイズを始めるまで知りませんでした。
が、この腰養生の中で一番、直接的に効果があるのでは、と思っております。

〈グッドモーニング・エクササイズ〉
’惷擇鮨ばしてまっすぐに立ち、両足を肩幅に広げる。
  両手は頭の後ろに組む。


背筋を伸ばしたまま、息を吸いながら上半身をゆっくり90度まで前に倒す


息を吐きながら、ゆっくり元に戻す

10回から始めて、最高20回を目安に。
肘を開き、胸を張るようにして行う。
90度が出来ない場合は45度ぐらい(おじぎぐらい)から始めて、
慣れてきたら少しずつ深くしていく。
背筋をまっすぐに保てない方腰痛の方などは
腰に負担がかからないよう、少し膝を曲げて行う。

腰だけでなく、背中の姿勢を保つ筋肉全般から太腿の裏側まで鍛えられるので、
続けると普段の姿勢が楽になると思います


腰にネガイを 〜腰養生エクササイズをやってみよう 

こんにちは。 たり です。

立春過ぎましたが、寒さはますます募るばかりですね
寒さで「キュッ」と縮こまり、肩首や腰が固くなっている方も多いご様子。
このような状態の時に、運動不足などで筋肉が弱くなっていると
ちょっとしたことで傷めやすくなったりいたします。

ワタクシもこのところ、特に腰がこういう状態にはまりそうになってまいりまして
このままでは何事にも差し支えますので、いろいろな文献を参考に
“腰養生”のエクササイズをすることにいたしました。
不精なワタクシのこと、エクササイズと言っても大層なモノではありません。
お風呂のお湯をはる約10分ほどの間に出来ること。
先月末ごろからボチボチやっておりますが、意外に効果が出ているので、
このブログで何回かに分けてご紹介したいと思います。
エクササイズ自体は既存のものですが、
ピックアップいたしましたのはワタクシ個人ですので、
合う合わないや効果の個人差があることはご了承下さい

【腰養生エクササイズ】
 /緤紳踏み
 ▲哀奪疋癲璽縫鵐亜Ε┘ササイズ
 トランクカール
 ぅ劵奪廛螢侫
 ゥ法次Ε帖次Ε船Д好
  ・終わりのゆる〜い腰伸ばし 10秒程

全容は以上の通り。,錬毅芦鵝↓◆銑イ錬隠芦鵑困長圓い泙后
筋肉の回復時間がいるとのことで、1日置きで良いようです。
コツは
 ・ゆっくり行うこと。
 ・呼吸を正しくすること。

では今回は、/緤紳踏み のやり方をご紹介。

〈水平足踏み〉
’惷擇鮨ばして真っすぐ立つ
△修両譴蚤踏みをする。
  その際、太腿と床が平行になるまでゆっくり上げ、
  そのまま1秒キープしてゆっくりおろす…を繰り返して足踏みする。
  呼吸は息を止めないようにして自然に。
  ※50回できるようになったら、徐々に回数を増やし300回までを目標にすると良い。



ふらつく方は肘を曲げて腕を振ると良いです。

次回は ▲哀奪疋癲璽縫鵐亜Ε┘ササイズ のやり方をご紹介いたします。

ご自身でエクササイズして腰養生。
そして、ゆったりほぐされたい時はココロのゆとりtari へどうぞ


「紫根オイル」作成中

こんにちは。
急激な冷え込みがやって来る度に
「シモヤケ、ピンチです」 といいつつも、
何とか崖っぷちで踏みとどまっている たり でございます。

お客様からご紹介いただいた“冷えとり”の方法。
日々の生活においてなかなかやることが多く、
不精なワタクシではキチンと実行するのがままならないのが現実で
それでも、取り入れたい気持から、
“エエとこだけピックアップ & いろいろな冷えとり情報からのチョイス”にて
続けている習慣が功を奏しているのでしょうか。

心がけておりますのは
 ・下半身を冷やさないようにする。(all天然素材までは行きついておりません
 ・根菜類を食べる。
 ・朝イチに白湯を飲む。
 ・なるたけゆっくり湯船につかる … ぐらいですが。

本格的に“冷えとり”に取り組んでおられる方からすると
「ええーい、手ぬるいわっ」と思われることでしょう。
が、これだけでも通年より“冷え”が緩和できているなら儲けモノです

さてさて。
前置きのお話が長くなりました。
シモヤケは今のところギリギリセーフのワタクシですが
この冬は手指の甲殻化と申しましょうか。
硬くなりようが勢いづいてきて難儀しております
硬くてつるっとしすぎて物が持ちにくい、スマホが反応しにくい…などで済んでいるうちは
まだいいですが、割れてくるとお仕事に支障をきたします
アロマでスペシャルなクリームを作って必死にケアしておりますが、
ちょっと先が不安。
ひび割れが来そうな場合に良いモノは無いか…と探しておりましたら、
ドライハーブのお取引のあるお店で「紫根(しこん)」の文字を見つけました。

「紫根」は、ひびやあかぎれ、シモヤケ等に効く『紫雲膏』という塗り薬の主成分。
生薬の一つです。

「ムラサキ」という、このような可憐な花が咲く植物から

 

根を採って、乾燥させて使うよう。
紫色の染料としても使われており、

こんな形で売られております。

 

結構、強い作用が出るようなので、少量・薄めで使うようにとの注意が。
生薬だけに価格もお高めでしたので、
ちょびっと購入して インフューズドオイル(浸出油)を作ることにしました。
紫根3gに、当店でお取り扱いしております ライスジャームオイルを110cc。
量が中途半端なのは、オイルを容器に入るだけいれたからです
てさぐりですが、一応パーセンテージ的には3%弱と薄いめかと。
漬けたそばからこんな色になりました。

 

最低1カ月は漬け込む予定です。どうなりますか。
できましたら、このオイルを使ってクリームまたは少し固くして軟膏など作るつもり。
皮膚の乾燥に良いアロマの精油を加えても良いかもしれません。
紫色のクリーム。
今から楽しみです
それまで手指にひび割れが高じないように用心、用心。








みなさまに癒されております(*^_^*)

 こんばんは。 たり です。

ここのところ毎日寒さがキビシイですね。
立春を過ぎたとはいえ、さすがに2月。
例年よりも雪は少ないように思いますが、湧きあがって来るような冷え込みは
寒さ対策の完全防備をしていても、なかなかコタエマス
しかし、今冬のワタクシの快挙
現在までシモヤケできず
お正月あたりに1度危うい時がありましたが、
その後はまったく大丈夫。
これも“柚子の種ローション”のおかげでしょうか。
はたまた、最近はっまて良く食べております“蓮根入りカレー”のせいでしょうか。
(蓮根は血液に関連する“脾臓”を強壮し、血流を良くすると言われています。)

さてさて。
話は変わりますが、先日TVで『癒し』に関する面白い内容を見ました。
某『ほ○までっかTV』。みなさまもご覧になった方も多いのでは。
それによりますと
 ・マッサージを受けている人を見るだけでも癒される。
 ・日本人に限って、「人に何かをしてさし上げる」事で癒しや幸福感が得られる。
行為では電車で席を譲る、
職業で言えばコメディアン、エステティシャン…など。

おぉぉぉぉっ ということはワタクシなど、『癒しの仕事』をしているつもりで
実は日夜、みなさまに癒されてるわけではありませんか
思えば心当たりが。
施術の後、時々「疲れませんか?」と訊ねて下さる事があるのですが、
まったくもって疲れること無し。
それよりも、終わった後すがすがしい気持ちであったり
何と申しましょうか、おだやか〜な達成感(?)があったりすることばかりであります。
これって、かなり癒されてますよね
嗚呼みなさま、本当にありがとうございます
厚かましいお願いでありますが、
「いっちょ たり を癒しに行ってあげようか」という気持ちで
セラピーにお越しいただけるととても嬉しいです
どうかよろしくお願いいたします


1

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:979 最後に更新した日:2017/04/25

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM