夏越の大祓い

こんにちは。 たり です。

明日で6月も終わり。今年も半年過ぎたかと思うと

何だか妙に気持ちが焦りますね(^^;

早いものです。

 

さて明日6月30日は16時より

当店地域の氏神様、粟田神社さんで

『夏越の大祓い(なごしのおおはらい)』の神事が

執り行われます。

大きな❝茅の輪(ちのわ)❞をくぐり

この半年間の罪や穢れを祓い、後の半年間の無病息災を願う神事。

どなたでも参加できるので、お近くにお越しでお時間の許される方は

行ってみられてはいかがでしょうか。

16時までに境内に行かれたら良いと思います。

(例年は❝水無月❞(←季節の和菓子。下記ご参照ください。)がいただけましたよ)

 

そうそう❝水無月❞と言えば。

ワタクシ先日、6月30日にいただけなかった時のためにと

少し早めに調達していただいたのですが。

滅多に言わないワタクシが「…美味しない…(ノД`)・゜・。」とつぶやくほど

イケてないものをgetしてしまったため

まったく厄払い・暑気払い・無病息災祈念できておりません

明日、時間が許せば、リベンジに買いに走りたいと思います。

 

【水無月(みなづき)】

白いういろうの上に小豆をのせて三角に切り分けられた和菓子。

氷室から切り出した氷を模しているといわれる。

また、小豆の赤色は厄除けの意味があるとされる。

京都では『夏越の大祓い』のある6月30日に

厄除け・暑気払い・無病息災などの意味を込めて食される。

 

⇩コチラは昨年ワタクシがいただいた美味しい❝水無月❞。ご参考までに。

 

 

 


関連する記事
コメント
水無月に水無月を食するのは京都では普通の習慣なんですか⁉
  • サマンサ
  • 2018/06/30 11:51 AM
サマンサさま

コメントありがとうございます(*^^*)
水無月にと言いますか、6月30日限定で和菓子の水無月をいただくのは、京都では季節行事的な普通の習慣だと思います。
ちなみに学生の頃これが全国的な習慣だと思っていたため、6月30日に「今日は水無月食べる日やんな!」と張り切って言って、地方から来ていた友人に怪訝な顔をされたことがあります(^^;)
  • たり
  • 2018/06/30 3:10 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:1326 最後に更新した日:2018/07/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM