送り団子

今日は五山の送り火ですね。

お精霊さんが帰られる日。

実家では仏壇に「送り団子」を供えてお送りしておりました。

ワタクシが今いるところには仏壇は無く、

お迎えするところもままならないので、

せめて気持ちだけでもと、今年は「迎え団子」と「送り団子」を作って

お精霊さんをお迎え・お送りすることにいたしました。

これは本日作りました「送り団子」。

 

 

「ん?うちとは違うぞ?」と思われた方もおられるかもしれません。

調べてみましたら「迎え団子」や「送り団子」は

宗派や地域などによって供える個数や形、盛り方などいろいろあるようで。

どれが正しいかとは言えないようなのです。

ワタクシの実家では個数や盛り方にこだわらず、

お団子も白いままをお供えしておりましたので、

それに倣ってお供えをば。

うまくできたかどうかはお下がりをいただいてみないとわかりませんが、

見たところは大丈夫そうです(*'ω'*)

ちなみにうちの母親は上新粉で作っておりましたが

お下がりをいただくワタクシの好みで今は白玉粉を使用しております。

「水の代わりにお豆腐でこねるといつまでも柔らかい」と言うのは本当で、

迎え団子のお下がりは、柔らかくておいしくて食べ過ぎて

「うんうん💦」うなりました(;´Д`)

本日は抑制せねば。

 

五山の送り火は19時50分より点火とのこと。

その時刻には「送り団子」を前に般若心経でも唱えながら

お送りしたいと思います。

 

 

 

 


関連する記事
コメント
お迎え団子、送り団子ですか?
ちょっとなじみがないかも(^^;)
キュウリの馬と茄子の牛と同じ様な感じですか?

お団子の方がいいですねー!
何だか癒される〜
白くてもちもち!

食べたくなりました笑
  • キヌタ
  • 2018/08/23 12:08 PM
キヌタさま

こんにちは(*^^*)
キヌタさまのところでは、お盆にお団子は供えられないのですね。
うちはキュウリの馬と茄子の牛はいたしません。
やはり、意味的に同じようなものなのでしょうか。
地域性?宗派?いろいろ違っていておもしろいですね(*^。^*)
お仏壇も無いのに敢えてお団子を作るのは、ひとえにワタクシがお下がりをいただきたいからかもしれません。
白玉のお団子、ズバリ、美味しいです(*´ω`*)
発見したのですが、ハーブティーで作ったコーディアルシロップ、冷やし白玉にとても合います!!
洋風も有りです👌
  • たり
  • 2018/08/24 4:27 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:1417 最後に更新した日:2018/11/14

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM